インテリア小物で住みよい暮らしを実現|魅力的な過ごしやすい空間

レディー

低コストで利用できる

窓

LED照明器具の価格は下落しています

現在の社会において照明器具は欠かせません。人の視覚域は可視光に限られるので歴史的に夜は闇に包まれる時代が長く続きました。現在では住宅地のあらゆる場所に該当が設置されて市街地は明るくなり、屋内では夜間の活動が容易になりました。LED照明器具は近年最も照明器具として期待されている照明器具です。LED照明器具は従来品よりも発光効率が高くエネルギー消費が少ないことが特徴で、従来の照明器具からの代替が望まれていますが、販売当初は従来品よりも割高であることが課題でした。しかし、LED照明器具の市場拡大と共に製造コストの削減が進んでいる上、製造メーカーによる効率的な開発技術の研究が進められて、LED照明器具の価格は下降傾向にあります。

原理は20世紀になって発見されました

LEDによる発光現象は20世紀初期に黄色光の発光が世界で初めて確認されました。その後の研究によって赤外線や赤色等の様々な色調のLEDが開発されて1970年代には緑色LEDが開発されました。しかし、照明器具として利用するためには白色光を実現するために光の三原色である赤色・緑色・青色のLEDが揃う必要であり、残る青色LEDの開発が急がれましたが研究は長らく難航していました。しかし、2014年度のノーベル物理学賞で世間的にも広く認識されるようになった青色LEDの開発が日本人研究者達の研究によって実現することで、白色LEDも実現しました。その結果、従来は用途が限定されていたLEDは現在のようにLED照明器具として一般照明向きに開発されるようになりました。