インテリア小物で住みよい暮らしを実現|魅力的な過ごしやすい空間

レディー

気軽に購入出来る

部屋

1000円前後が普及価格帯

LED照明器具は、比較的安いものでも、1個当たり1000円から2000円位で手を出しにくかったので、興味本位で買っていたのが正直な所である。LED照明器具は、省エネで長持ちするとの、ふれこみであったが、一般の照明器具との価格差が少し大きく、全面切り替えとはいかなかった。しかし、ここに来てLED照明器具の開発は大手電機メーカーだけでなく、ホームセンター商品が主流であったメーカーも開発商品化が進み1個当り1000円を割る商品が出回るようになってきている。更に単品販売からセット販売でお得な価格帯にしているものも目立つようになってきた。こうなってくると、LED照明器具は省エネで長持ちの特徴が、リピーターが増えて一気に普及してくるのではなかろうか。

省エネ長持ちの優等生

LEDで三原色が表現出来るようになり、LED照明器具以外にもイルミネーション等光の祭典の主要な照明器具として利用され始めている。その理由は、なんと言っても省エネで長持ちすると言うことであろう。LED照明器具の利用分野が拡大していけば、他の照明器具に対しても、量産体制により価格的なデメリットが更に縮小し、もっと普及する路が開けてくるのではあるまいか。地球温暖化の社会問題を解決していくに当って、LED照明器具の普及は救世主となる可能性も大いにあると思う。更に長持ちするとなれば、資源の節約、利用者の経済的メリットも高まり照明器具の優等生に十分なり得るものと考える。LED時代の到来は、ついそこまで来ているような気がする。